烏合衆釣部 第一回遠征2007/08/08 22:01

雑誌の表紙風
7月26日(木)〜7月29日(日)
テーマ「スモールマウスってどうよ」

7月26日(木)
いつもの秘密基地へ集結した、
烏合衆釣部遠征メンバー
 Meisai : 今回の遠征準備で破産寸前(w
 白いおとうと : 財政破綻済(w
 BNR32 : おこずかいをなんとかやりくり
 ピエール : ボーナスをほとんどつっこんだ
Meisaiに引きこまれて(w、
この一年でりっぱな釣バカになった面々。



7月27日(金)
1:00 出発
録画した釣ビジョンの「2006野尻湖戦」を見つつ
気分を盛り上げながら、高速を突っ走る。

5:00 野尻湖着
予想より早めに二日間の宿とボートを借りる
「レイクサイドホテル」に到着。
桟橋で、早速バスを見つけ、竿を出す面々。
30分ほどで、Meisaiが1本釣り上げる。
そんなことをしながら準備開始。

7:00 出航
グーパーで船割り
○壱号艇
 Meisai
 BNR32
○弐号艇
 白いおとうと
 ピエール

弐号艇は、弁天島で虫パターンでトップ狙いの作戦。
厳選のルアーにそれぞれバイトはあるが、
フッキングには至らない。
ポイントを変えたり、
ディープを狙ったり、いろいろやってみたが、
結局坊主。

16:00 帰航
壱号艇はMeisaiが1本釣り上げたらしい。
夕方までフテ寝して、
夕マズメをホテル前で釣して、
夕食後、泥の様に眠る。



7月28日(土)
7:00 出航
グーパーで船割り
○壱号艇
 Meisai
 ピエール
○弐号艇
 白いおとうと
 BNR32

金曜日より風が強く、荒れ模様。
弁天島を攻めるが、風裏のポジションは船が多く、
風表は波で釣にならない。
見切りをつけて、
風裏のポイントを探す。
要免許の船外機付きは移動が楽。
アタリもないまま移動して、
ディープ狙い。がそこもアタリなし。
しばらくすると、急に暗くなって雨が落ち始める。

11:00
カッパをとりに戻って、ついでに食事。
また雨の中、出航。
人が減ってプレッシャーが下がり、
雨で上を意識し始めたところを狙う。
2回ほどアタリがあったが、乗せきれず。
恵みの雨も上がってしまう。

16:00
帰航。
Meisaiがたまたま話しかけたのが、
NBCで優勝経験のあるミゲルさん。
ホームレイクの木崎湖の解説をしてもらって、
貸ボート屋を紹介してもらって、
日曜日は木崎湖行き決定。

19:00
野尻湖の花火大会をホテル部屋の窓から
一等席で見物。
なかなか盛大な花火大会だったが、
水上花火をバコバコあげているのを見て。
「バスは平気なのか?」と少し心配。
次の日は木崎湖に行くので関係ないですが。(w

22:00
明日は4:30起きの予定で就寝。

7月29日(日)
「寝過ごしたぞ」
Meisaiの一声で起床。
皆飛び起きて、
寝坊したと思って時計を見ると、時間は、3:30。
いつもはエンジンのかかりが悪い、白いおとうと、BNR32も、
すばやく支度して、
4:00 出発

6:00 木崎湖着
7:00 出航
グーパーで船割り
○壱号艇
 Meisai
 BNR32
○弐号艇
 白いおとうと
 ピエール

私の釣果は、朝のうちに、
チビラージマウス
チビスモールマウス を1本づつ。
白いおとうと談:
「ピエールさんがめずらしく、”釣気”を出していた。」

昼食後、
白いおとうとの「お願い巡礼」に付き合って、湖畔を自動車で一周。
「魚探で、湖底に隠してあるUFOを探すべ。最優先事項で。」(w

午後は、
○壱号艇
 Meisai
 白いおとうと
○弐号艇
 BNR32
 ピエール
連日の釣行で疲れた上に、波が高いので、
BNR32に船頭を代わってもらう。
風裏を探しつつ釣っていると、
睡魔に襲われて、少し仮眠。
以降は1回アタリがあったものの、それで終了。

17:00 帰航
10:20 自宅到着

そんなこんなで、珍道中は終了。
スモールマウスは渋かった。
いつものダム湖が天国のように思えるくらい。(w